お支払い方法について/ネットライフ

東京発!ネットライフの再生トナードットコム通販。

リサイクルトナー:再生トナードットコムのネットライフ
TEL:0120-532-834 FAX:0120-345-756
 
カートへ商品検索:
トナーカートリッジ名・機種名・メーカー名などを入力

※英字、数字が含まれるトナーカートリッジ名は半角で入力
 

リサイクルトナー
回収・発送の方式

1.先出し方式・・在庫有
商品を先出しで出荷致します。 ※当日出荷可能受付時間はPM3:00までとなります。
2.回収交換方式 ・・在庫不十分
使用済トナーカートリッジの回収確認後に商品出荷となります。
3.完全リターン方式・・在庫無
お客様の使用済みトナーカートリッジを回収させていただき、その現品を生産、納品させていただきます。

プリンター種別とトナーカートリッジ保護

◆プリンターの種類と特色

■ レーザープリンター

レーザー光線で照射し、ドラムと呼ばれる感光体にトナーを付着させ、熱と圧力により紙に印刷するプリンターで、現在使われているプリンターの中でも、最も印字品質が高く高速、カラー・モノクロと用途によって機種を選ぶことが出来ます。デジタルのカラーコピー機にも似ていますが、レーザープリンターとカラーコピー機の印刷は同じ原理です。

■ インクジェットプリンター

小さなノズルから、液体インクの細かい粒子を吹き付けることで紙に印刷するプリンターで吹き付ける方法は、圧力タイプと加熱タイプがあります。印刷速度はレーザープリンターに劣りますが、カラー印刷には定評があり、レーザープリンターより低価格でパーソナルユーザーに好評です。

■ ドットプリンター

印字ヘッドで傷をつけるようにインクリボンをたたき、固体インクを圧力で紙に印刷するプリンターで複写印刷が出来、流通業務などの複写印刷への印刷に最適です。帳票用紙・単票用紙どちらも印刷できて低コスト、印刷音が大きいのが弱点です。

■ 熱転写式プリンター

熱した印字ヘッドをインクリボンに押し付け、固体インクを溶かすことで紙に印刷するプリンターで、溶かす方法によって、溶解タイプと昇華タイプに分けられ、ワープロによく使われていました。小型・高品質ですが、専用のインクリボンや用紙が必要なのがやや難点でもあります。

■ サーマルプリンター

熱に反応する薬品を塗布した専用用紙へ印刷する方式で、小型化が容易で動作音も静かなため、コンビニの棚卸や電気の検針などに使うハンディターミナルなどに使われます。

種類 主なサプライ用品   長所   短所   主な用途
レーザープリンタ トナー・単票・連続用紙 印字品質がよい。印刷速度が速い。 装置が大きい。価格が高い あらゆる用途(ビジネス中心)カラー化が加速
インクジェットプリンター インクカートリッジ・専用紙 低価格。カラー品質がよい。 印刷速度が遅い。 パソコン用(パーソナルユースが中心)
ドットプリンター インクリボン・連続・単票用紙。 複写印刷が可能。低ランニングコスト。 動作音が大きい。印字品質劣る。 流通業種など。(複写伝票印刷)
熱転写プリンター 熱転写リボン・熱転写用紙。 小型。印字品質がよい。 高ランニングコスト。印刷速度遅い。 ワープロ(パーソナルユース)
サーマルプリンター サーマル用紙 小型・低価格・低ランニングコスト 印刷保存性劣る。印刷速度遅い。 POS・ハンディターミナル・モバイルPC。

◆トナーカートリッジの保管について

交換用にお求めになったトナーカートリッジや、修理や移動時に取り出したトナーカートリッジは、新品、リサイクルを問わず、次のような点に注意して保管して下さい。

① 新しく購入したトナーカートリッジは、実際に使用するときまで保護袋を開封しないで下さい。

② 使用中のトナーカートリッジを取り出したときは、遮光のためパッケージに使われていた保護袋、あるいは厚手の布で包んで保管して下さい。

③ 立てたり、寝返したりしないで下さい。プリンターにセットするときと同じ向きで保管して下さい。

④ 直射日光の当たる場所は避けて下さい。

⑤ 高温多湿の場所や、温度変化や湿度変化の激しい場所は避けて下さい。
保管温度範囲:0~35℃
保管湿度範囲:35~85%RH(相対湿度・結露しないこと)

⑥ アンモニアなどの腐食性のガスが発生する場所や、空気に塩分が多く含まれている場所、ほこりの多い場所での保管は避けて下さい。

⑦ ディスプレイやコンピュータ本体など、磁気を発生する装置の近くには置かないで下さい。

⑧ フロッピーディスクなど、磁気を嫌う製品の近くには置かないで下さい。

⑨ 幼児の手の届かないところに保管して下さい。

結露と湿気

結露
保管湿度範囲内でも、外気との温度差によってトナーカートリッジ外部や内部に水滴が付着することがあります。この水滴が付着する状態を結露といい、寒暖の激しい場所での輸送や保管によって発症します。この結露はトナーカートリッジの品質に悪影響を及ぼします。

湿度
日本では5~7月頃の梅雨時が一気に上昇する時期です。この時期になりますと、コピー用紙全体がゆがんだりして紙詰まりが頻発する経験をされた方も多いのではないでしょうか?この、湿度の高い状態はコピー用紙だけでなく、トナーカートリッジにも悪影響を及ぼします。

◎プリンターとトナーカートリッジの湿度・温度環境は次の表のように設定されております。

使用状況 プリンター トナーカートリッジ
湿度%RH温度℃ 湿度 温度 湿度 温度
使用環境 20~80%RH(結露しないこと) 10~32.5℃ 40~80%RH(使用・作動時) 0~35℃(使用・作動時)
保管環境 10~80%RH(結露しないこと) 0~35.0℃ 35~85%RH(結露しないこと) -20~40℃(弊社梱包状態)
停止時環境 20~80%RH(結露しないこと) 10~32.5℃ 40~80%RH(待機時も含む) 0~35℃(待機時も含む)

これらの設定範囲より低い場合や、高い場合は、①印字かすれ・印字が薄い ②印字かぶり・全体に汚れ、といったトラブルが発生する場合が御座います。

①のかすれや薄いトラブルは湿度が高い場合に発生します。また②のかぶりや全体の汚れは湿度の低い場合に発生します。原因は湿度が高いと、プリンターのレーザー噴射口に湿気が付着し、レーザーが充分に噴射できなくなることや、トナーカートリッジの感光体ドラムに湿気が付着しトナーが充分に転写できなくなることでトラブルに結びついてしまいます。
また、湿度が低い場合には、静電気が発生しやすい環境になるため、帯電率が上がってしまい、トナーが通常より多く転写されるために起こってしまう現象です。湿度によるトラブルは、印刷用紙にも影響を及ぼし、湿気が紙に付着している状態で印刷しますと、下図のようなトラブルが発生する可能性がありますので、発生した場合は、別の新しい用紙に交換し、ご利用される事をお勧めいたします。

「再生トナードットコム」では、これらの結露対策・湿気対策を講じておりますが、それでもこのような症状が見られる場合には、 ※ プリンターの電源を入れウォーミングアップをさせ、10数枚印刷をしたり、印刷用紙を交換したり致しますと、印刷・印字品質が元に戻りますので、結露や湿気の影響かな?と思われましたら、ぜひ、試してみて下さい。

リサイクルトナー・純正トナーの送料について

¥2500以上のお買い上げで、送料・代引き手数料全国無料
※沖縄・離島のお客様は、誠に勝手ながら、別途¥1800の送料を頂いております。

また、商品代引きの場合は代引き手数料も無料となっています。

リサイクルトナー返品・修理について

当社のリサイクルトナーカートリッジは、 使用済み以外1年間返品を受け付けます。

※純正トナーカートリッジにつきましてはメーカー判断になりますので、ご意向に添えない場合もあります。